プロフィール
選択している記事
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
過去の記事
カテゴリー
香道の推薦図書
香道蘭之園
香道蘭之園 (JUGEMレビュー »)
尾崎 左永子, 薫遊舎
香道を志す者にとっていつも手にしていたい本です。インスピレーションの原点。
香道の推薦図書
香と香道
香と香道 (JUGEMレビュー »)
香道文化研究会
香道に興味ある人にいい本です。
<< 冒険者 | main | 癒しのお香 >>
秋香
窓の外の木々も色づきはじめました。
もうすぐ黄葉となることでしょう。

香の書物には、秋香=ものさびしい香 伽羅

秋香といった分類を使うのは、自然と風土を通して匂いを楽しむ平安時代の薫物の感覚を伝えているのでしょう。
『東山自伝』には、「秋の香は、春夏の匂いにかわり、物淋しく留め難き匂いを以て秋の香と定む」とあります。

「古い詞を用いて新しき情を盛る」というのは歌人・藤原定家の基本姿勢です。
彼の考えにそうならば、現代のテーマを秋の香に盛ってみたくなります。
それは、ものさびしい香りのなるのか、また異なった香りになるのか。
また楽しみも一層深くなりますね。

| 香りの冒険者 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seicho.jugem.jp/trackback/252
トラックバック