プロフィール
選択している記事
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
過去の記事
カテゴリー
香道の推薦図書
香道蘭之園
香道蘭之園 (JUGEMレビュー »)
尾崎 左永子, 薫遊舎
香道を志す者にとっていつも手にしていたい本です。インスピレーションの原点。
香道の推薦図書
香と香道
香と香道 (JUGEMレビュー »)
香道文化研究会
香道に興味ある人にいい本です。
<< 聞香の楽しみ | main | 今日は稽古日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
聞香「みだれ髪」
つぼみ4画・晟聴


先日の向島百花園での、たまゆら「香の會」は、虫の音を聞きながら無事終りました。ご参加していただきました多くの方々に心より感謝申し上げます。
リンクしている「たまゆら[玉響]吉村ゆらの和の世界」も見ていただければ幸です。


今月の稽古は、歌人・与謝野晶子の人生を香りに聞きたいと思っています。
聞香「みだれ髪」です。


   やわ肌のあつき血汐にふれも見で
       さびしからずや道を説く君


平成12年10月には、与謝野晶子を主題に「夕月之香」をおこないました。

今回は、晶子の人生を彼女の和歌をたどりながら、香りにつつまれたいと考えました。

歌を23、詩1、随筆1、そして、石川啄木の日誌に見る晶子。
これを、仲間と語り合いながら聞香を楽しみます。


最初に、書きたいと思う事は自分がしたい事と共に無尽蔵である。
ただ自分には暇がない。なぜ人は眠らねばならないか、死んでから十分に眠ればよいではないかと、睡眠時間の惜しまれる事さえある」(与謝野晶子)


これが与謝野晶子の生き方のようだ。

1874年に大阪府堺市の駿河屋という和菓子商に生まれた晶子。
その人生を訪ねよう、歌によって、香りによって・・・。

     海こひし潮の遠鳴りかぞへつゝ
       少女となりし父母の家

                               晶子
 

↓blogランキングに登録しています。
| 香道 | 21:06 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:06 | - | - |
コメント
口ずさんでしまいます、「やわ肌の・・・」
| seicho | 2007/09/12 9:31 AM |
「やわ肌の…」に五輪真弓が曲をつけたサントリーレゼルブのCMが忘れられません。
| lunatech | 2007/09/11 4:28 PM |
コメントする