プロフィール
選択している記事
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
過去の記事
カテゴリー
香道の推薦図書
香道蘭之園
香道蘭之園 (JUGEMレビュー »)
尾崎 左永子, 薫遊舎
香道を志す者にとっていつも手にしていたい本です。インスピレーションの原点。
香道の推薦図書
香と香道
香と香道 (JUGEMレビュー »)
香道文化研究会
香道に興味ある人にいい本です。
<< 夢の続き・会う所 | main | 一分(いちぶん) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お初天神


数年前、大阪梅田の曽根崎にある露天神社(お初天神)に行ってきました。

通称「お初天神」です。

近松門左衛門作『曽根崎心中』の最期の場面は、

「誰が告ぐるとは曽根崎の 森の下風音に聞え。取伝へ貴賤群集の回向の種 未来成仏疑ひなき 恋の 手本となりにけり」

露天神社(お初天神)のホームページにはつぎのように書かれています。

「元禄十六年四月七日、堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当社「天神の森」にて情死する事件が起こった。これを近松門左衛門が「曽根崎心中」として劇化、大評判になり当社にも参詣回向の老若男女が大勢押しかけた。
以後、人々は当社を「お初天神」と通称するようになった。 広く民衆の涙を誘うこの作品は、その後も繰返し上演され、今日でも回向とともに、恋の成就を願う多くの人々が訪れている。なお、昭和四七年七月、曽根崎中一丁目の有志によって、恋に殉じた二人を慰霊するための「曽根崎心中 お初 徳兵衛 ゆかりの地」という石碑が建立された」と。




今月の、聞香稽古の主題は『聞香・曽根崎心中』です。
お初、徳兵衛はなぜ死のうと決意したのでしょう。
『武士の一分』という映画が話題を呼びました。
『曽根崎心中』の中には、次のような台詞があります。

「死なずがひな目に逢うて一分はすたった」と。


↓blogランキングに登録しています。
| 香道 | 16:20 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:20 | - | - |
コメント
コメントする