プロフィール
選択している記事
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
過去の記事
カテゴリー
香道の推薦図書
香道蘭之園
香道蘭之園 (JUGEMレビュー »)
尾崎 左永子, 薫遊舎
香道を志す者にとっていつも手にしていたい本です。インスピレーションの原点。
香道の推薦図書
香と香道
香と香道 (JUGEMレビュー »)
香道文化研究会
香道に興味ある人にいい本です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お月見
昨夜(12日)の月は満月に近くなっていました。
月見には、ススキというのがわかりますね。
月光に照らされた尾花(ススキの花穂)は美しい風情を生み出します。
地上の明かりが少なかった昔では、尾花は月の光を受けてくっきりと浮きあがったでしょう。月を愛でるのには欠かせないお供えものです。
それにススキは魔よけの力も持っていたそうですよ。

秋の収穫を月に感謝する祭りと、中秋の名月を愛でる行事が合わさったお月見には、収穫された里芋などが供えられます。
今年はお月さまのおかげでこんなにたくさん取れましたよ。見てください。
感謝と同時に、来年もよろしくです。

月といえばお月見団子。お月さま、取れた穀物からこんな美味しいお団子ができました。どうぞ召し上がってください。

  名月を取ってくれろと泣く子かな

一茶の句です。
この句を口ずさむとき、いつも微笑んでしまいます。
なぜか子どもに戻ったような気分になって。

さて、「月見香」で香りを楽しみましょうか。

「四季おりおり」もお月見。皆さまもどうぞお立ちよりください。
| | 06:38 | comments(0) | - |
そろそろ秋
絵・伊達晟聴

「四季おりおり」に皆さまも一度立ち寄ってみて下さい。
| | 21:10 | comments(0) | - |
感じられる時:トリノの月、サンタバーバラの月
2月24日
今朝、トリノでは、荒川静香さんが、青く美しいコスチュームを身にまとい、月の女神のように銀盤を舞いました。そして、金メダルの光に彼女の顔は美しく優しく輝いていました。おめでとう!
(感じられる時:ジュリア・クリステヴァ箸『プルースト・感じられる時』中野知律訳より、とても気に入っている言葉です。)

その美しさに、僕の“記憶の月”は蘇りました。

写真・晟聴
サンタバーバラの月です。
カリフォルニアへのロケで、サンデェゴからサンフランシスコへ、
セイント・ロードを旅しました。

あの『ホテル・カリフォルニア』の曲が鳴り響きそうな甘ずっぱい季節。
記憶の国からイーグルスの声が聴こえてきました。

On a dark desert highway,cool wind in may hair
Warm smell of colitas rising up through the air
夜の砂漠のハイウエイ
涼しげな風に髪が揺れて
コリタス草の甘い香りがあたりに漂う・・・
(略)

写真・晟聴
どうやら、今夜は休息が必要だ
ミッションの鐘が鳴ると
戸口に女が現われた
“ここは天国か それとも地獄か”
僕は心の中でつぶやいた・・・
(略)対訳:山本安見                 
写真・晟聴
ホテル・カリフォルニア」は「男と女の人生のホテル」。CDの解説では「いつでもチェック・アウトできるんだけれど、一度、足をふみいれたらもう抜け出すことができない、男と女の愛憎の監獄(プリズン)」(解説:水上はるこ+2))

                        
僕の恋はどうなんだろう!
神に祈ろう。


写真・晟聴

香りにも聴いてみよう!

男と女の愛憎を味わうことの中に、生きる喜びのあることを!

月がみつめている!

↓blogランキングに登録しています。
| | 22:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
ザ・ムーン
このニ、三日、月を観ませんでした。
でも、偶然にとても素晴らしい月の曲に出会ったのです。

パトリシア・バーバーの「The Moon」です。
写真・晟聴ヴァース/パトリシア・バーバー(CD)

静かにピアノが流れ、囁くようにパトリシアが歌いだします。

エレボスを放っておいた方が良いのかしら
幕が開き 劇場の照明が薄暗くなった時
カオスはどうすべきかしら

・・・(略)

闇の中
寒さの中
大空を
私は飛ぶ

・・・(略)

私は銀
私は金
私は白
私は青
・・・(略)
私は時
私は真実
・・・(略)

星々を
黄昏時が包む頃
私は座り込み ぼんやり過ごす
その空気で
あなたの心を読み
そうして流れを変える
・・・(略)
私はゼウスの・・・娘
でも今夜
明かりは点らないでしょう
あなたがいないと
私は輝けないもの
(リフレイン)

<対訳:安城ヒース/UNICUL>

語るように歌うパトリシア。
いつの間にか、彼女の月世界に包まれていきます。
とても素晴らしいソングライター!

パトリシア・バーバーはシカゴの郊外で生まれました。
このアルバムのレコーディングもシカゴで行われたようです。

画・晟聴シカゴ

ありがとう! パトリシア・バーバー!
今夜も、この月の曲を聴こう。
明かりは点るだろうか!

香りに聴いてみよう。
明かりが点ったかどうかを。



↓blogランキングに登録しています。
| | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
聞香夜話 芭蕉とともに月を観るー3
 2月14日。
 今宵の月は隣の家の屋根近くに浮かび、
 時々雲間に隠れていました。



            月月月月
         月月花月月月月月
       月月月月月月月雪月月月     雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲     雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲雲
      月月春月月月月月月月月月
       月月月月月月恋月月月月
         月月月月月月月月
            月月月月


    芭蕉さま、発句、御願い申し上げます。
 
       猫の恋やむとき閨の朧月

       さすが月の遊行者 
   
         では、つけまする
        人恋しさに香炉ひき寄せ



このところ、宵ともなれば猫の鳴き声がとってもうるさいのです。
それも、人の声のように鳴くんですから・・・
恋を呼んでいるんでしょうか!
 
春になれば猫も恋をする。                   
これも自然の道理じゃ!
“造化にしたがひて四時を友とす”と言ったであろう。
造化とは自然の生の根拠、自然のエネルギー。
おぬしも猫も恋するエネルギーは尽きまいて!

 
       はっ、はい!


アリス・コルトレーン/トランスリニア・ライトのなかの“レオ”が流れてきました。


↓blogランキングに登録しています。
| | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
聞香夜話 芭蕉とともに月を観る−2
2月13日。
  今宵の月は静かに浮かんでいました。



            月月月月
         月月兎月月月月月
       月月月月月月月雪月月月
     月月月月月月月月月月花月月
      月月冬月月月月月月月月月
       月月月月月月恋月月月月
         月月月月月月月月
            月月月月


    芭蕉さま、発句、御願い申し上げます。
 
       冬庭や月もいとなる虫の吟

       さすが月の遊行者 
   
では、つけまする
         静かに開く心のノート


かぼそく鳴く虫の声。
おもわず月の光が鳴いているのかと思ってしまうぐらいに趣があります。
その鳴き声に、心がやすらぎ、感覚が冴えてまいりました。 

そうであろう。
冬枯れの庭にも月の愛は届いているのだよ、香りもね!

   
はい!


アリスとラヴィの演奏する「至上の愛」が
静かに流れてきました。


↓blogランキングに登録しています。
| | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
聞香夜話 芭蕉とともに月を観るー1
 2月12日。
 今宵の月は美しく夜空に浮かんでいました。



            月月月月
         月月兎月月月月月
       月月月月月月月雪月月月
     月月月月月月月月月月花月月
      月月冬月月月月月月月月月
       月月月月月月恋月月月月
         月月月月月月月月
            月月月月


    芭蕉さま、発句、御願い申し上げます。
 
     名月や池をめぐりて夜もすがら

      さすが月の遊行者 
   
          では、つけまする
         星も香りて天に遊ばん



でも、今宵はまだ寒く名月の美しさにひかれても、池をめぐりながら月を観て夜をあかすなんて・・・風邪をひいてしまいます・・・
おゆるしを!
もう少しして春めけば、一夜月を観て・・・。 

       意気地なしよの〜、
       おぬしが季節外れの句を選ぶからじゃ!
       香炉を懐にして、身体を温めてりゃいいだろう!

   
       はい!


アリス・コルトレーン/トランスリニア・ライトのなかの“賛美歌”が静かに流れてきました。

↓blogランキングに登録しています。
| | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
今宵の月も凄い。
                      
                
          芭蕉さま、一句、御願い申し上げます。

          名月や池をめぐりて夜もすがら

          さすが、「月の遊行者

でも、今宵はまだ寒く名月の美しさにひかれても、池をめぐりながら月を観て夜をあかすなんて・・・風邪をひいてしまいます・・・
おゆるしを!
もう少しして春めけば、一夜月を観て・・・。

       意気地なしよの〜、
       香炉を懐にして、身体を温めてりゃいいだろう!

   
       はい!

↓blogランキングに登録しています。
| | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
月島  心の中に!!
画・晟聴

朝10時 、月島に打ち合わせに行ってきました。

月島から見る聖路加のビル。

月島の月は今どのあたりだろうか!
地球の裏側!
そこまで来ている!
真上!

いや、心の中に!



↓blogランキングに登録しています。
| | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
月島に、心の月
写真・晟聴
月島に行って来ました。
月島から見た聖路加ガーデンの建物です。

新しい仲間と新しい企て!


天空に雲ながれ 月もなし
心に月やどらば また楽し
今宵の友 今宵の酒
明日を開かん

吉田兼好「徒然草」風に

“月はくまなきをのみ 見る物かは
雨にむかひて月を恋ひ たれこめて春のゆくへ知らぬも
なお あはれに情けふかし”

の気分でした。


そう!
なにも、月は、照り渡っているいるときにだけに観なくっても、
雲に隠れている月を心の目で観るのもまた楽しい事です。

以前「徒然草香」を創作して、香に聴いたとき、
組香式は、月、雲、花、風、各ニ包で、試香で四包炷き、
本香四包うちまぜ、ニ包炷きました。

下付 (したづけ: 聴き当てた成績を組香にふさわしい言葉で表すこと)は、

全当(全部当たったら) “楽しぶこと ただ今の一念”

他は、“あやしゅうこそ ものぐるほしけれ”


画・晟聴


↓blogランキングに登録しています。

| | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2ページ | >>